司法書士に依頼する場合は、手続きにかかる「実費」と「報酬」が発生します。

相続登記に必要となる費用

MENU

相続登記の費用

相続登記を行なうことになった場合、迷うのはどれくらいの費用がかかるかという点ではないでしょうか。
そこで、ここでは相続登記にかかる費用についてご紹介します。

 

まず結論から言いますと、「かかる費用は○円」だと断言することはできません
といいますのも、かかる費用を大きく分けると手続きにかかる「実費」と、司法書士に頼む場合は「報酬」という2種類のお金が発生します。

 

いずれも、まったく同じ状況の方はおらず、手続きの内容が異なったりするため、その方によって金額が異なってしまうのです。

 

まずは実費についてお話ししましょう。
実費として必要になるのは、主に次の4点です。

 

登録免許税

相続した土地や建物の名義変更(登記)を行なう時に支払わなければならない税金のことです。場合によってはかなり高額になるケースもあります。
不動産の固定資産評価額合計の1000分の4に相当します。

 

登記事項証明書

土地や建物1物件につき600円

 

戸籍や住民票などの証明書代金

数千円

 

郵便代(または法務局への交通費)

数千円

 

いかがでしょうか?
これらを見ていただいただけでも、料金が○円ですとお答えするのが難しいことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

では、司法書士に頼んだ場合についてもみてみましょう。

 

上記の実費については、証明書の取り寄せなどを司法書士に代行してもらうことも可能となります。
その場合は、代行の手数料を支払う必要があります。

 

そして、これらに加えて、さらに司法書士への報酬金額が発生します。
さまざまなホームページを見てみたところ、4万円~5万円程度を一般的な額として挙げている司法書士が多く見受けられました。
ただし、それも基本の金額であって、あなたがお持ちの不動産や現在の状況によって、支払うべき報酬額は変わってくる可能性があります。

 

このように、相続登記に関する費用はとても複雑であることがわかりました。
節約したいという方もいらっしゃるかもしれませんが、もし自信がなければ、報酬額がかかってしまうものの、専門家に任せた方が安心かもしれませんね。