相続税対策はどのようにすればいいの?!

土地の相続税対策

MENU

土地相続…相続税対策

土地を相続した場合、相続税の税率は土地の評価額に対して課せられますので、評価額によって同じ面積の土地であっても課税する額が変わります

 

相続税についてはこちら

 

そして、更地であるよりも、アパートが建っている土地の方が、土地の評価額が下がるので、相続税対策になります。

 

具体的には、アパートの建っている土地は更地であった場合よりも20%程度、土地の評価額が下がります。

 

さらに、アパートを建築した費用に固定資産税評価額をかけた額から借地権が控除されるので、その分の評価額がさがります。

 

また、アパートが建っていると、事業用の土地ということになるので、小規模宅地等の減額の対象にもなります。

 

けれども、アパートを建てることによって、トラブルになることもあります。

 

アパートは建てる時に建築費がかかるだけではなく、維持していくための費用がかかります。
壁を塗り替えるなど、老朽化した部分を修繕して、建物を良い状態に保つための費用です。

 

また、相続税を押さえられるとしても、家賃収入に対する所得税や住民税も掛かります。

 

その上、家賃収入から、建築費を返済している場合、空室が増えると、建築の為の借入金が返済できなくなってしまう恐れがあります。

 

最終的に、売却を考えた時、更地よりも売却の条件が厳しくなります。

 

このように、アパートを建てることが、相続税対策として良い結果を生む場合と悪い結果を生む場合があります

 

良い結果を生むためには、専門家のアドバイスを受け、資金繰りや返済方法、税率などを十分検討したうえで決めることが大切です。