建物のない更地よりもアパートを建てた方が、相続税の負担はより軽くなります。

相続税の節税方法

MENU

相続税節税

相続税が実際にかかってしまう方というのはほとんどいないものです。
しかし、財産を相続したものの、思わぬ相続税が発生してしまった…と後から後悔することは避けたいですよね。
そこで、ここでは相続税の節税方法について確認していきましょう。

 

一般的に節税対策として広く知られているのは「生前贈与」ですよね。
生きている間に贈与した財産というのは、相続税の対象にはなりません。
ただし、亡くなる3年以内に贈与された財産については相続税の対象となってしまう点などの注意点はあります。

 

今回見ていくのは、「土地」を利用した節税方法についてです。
まず結論から言いますと、「お金」を相続するよりも、「土地」を相続した方が、相続税は安くなります。
さらに、何も建物の建っていない「更地」の状態よりも、アパートを建てた方が、相続税の負担はより軽くなるのです。

 

なぜ、アパートを建てると相続税が安くなるのでしょうか?
たとえば、あなたが土地を相続したとしましょう。
すでに持家があるので、その土地を売りたい、と考えます。
ですが、もしもその土地に建物が立っていれば、用途は限られてきてしまいますよね。
あるいは、買った人が建物を取り壊してから目的物を建設しなければいけなくなります。

 

ですから、何も建てていない更地の方が、「土地としての評価」が高くなるのです。
更地の価値を100%とすると、アパートが建っている土地の価値は80%にも下がると言われています。
そのため、資産としての価値が下がるので相続税の負担も軽くなるのです。

 

また、賃貸アパートなどの財産をあらかじめ相続人に移転しておくのもポイントの1つです。
アパートを貸すことで家賃収入が発生しますよね。
その家賃については、すでに相続人のものになっているので、相続税がかからないのです。

 

ただ、初心者がいきなり賃貸経営をするのは不安だと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
多くの不動産会社が、賃貸経営オーナー向けの無料セミナーを開催しているので、まずはそのような場に足を運んで相談してみるのも1つの手かもしれません。

 

土地の評価額についてさらに詳しく見る