借地権の相続はどうなるのでしょうか?

借地権の相続

MENU

土地相続…借地権

借地権というのは、土地を借りて、使用する為の権利のことで、自宅や、貸家、アパートなどが建っている必要があります。

 

また、借地権の契約時に取り決めた借地権を利用する目的にそぐわない利用の仕方をすることは認められません。

 

自宅であった場合も、貸家、アパートなどであった場合にも、借地権上の建物をそのまま使用し続ける場合には、何の手続きもせずに、相続をすることができ、相続税も課せられます。

 

相続税の評価額は、借地が更地である時の評価額×土地ごとに定められている路線価図や評価倍率表に表示されている借地権割合で算出されます。

相続した土地の評価額の算出方法はこちら

 

地主に承諾を得る必要はなく、地主から、名義書換料を要求されたとしても、法的には支払う義務はありません。

 

反対に、地主が、借地権の返還を要求する権利もありませんが、定期借地権という、借地をする期限が限定されている契約だった場合には、期限には、建物のない、かりた時の状態に戻して返却しなくてはなりません。

 

借地権に立っている建物は相続登記をする必要があり、借地上の建物を売却する場合には、地主の承諾が必要です。

 

貸借契約のある土地も相続できます。

 

相続人は、借地人との間で、新たな契約を無ずぶ必要もなく、被相続人が貸借していた状態のまま、継続して貸借契約を続けることができます。

 

相続人に必要なのは、土地の名義変更をすることだけなのですが、相続税対策で手放さなくてはならないような場合には、借地人に売却する方法と物納する方法があります。

 

借地は処分が難しい土地なので、土地を取り巻く状況を良く調べ、どちらの方法で処分する方が、利点が多いかを専門家に依頼して慎重に検討する必要があります。